*

ジャパンネット法務事務所からのメッセージ

今回取材したのは闇金案件5000件以上の実績を持つジャパンネット法務事務所です。出だしから「闇金には元本さえ返済しなくていい!」と言い切ったところに、闇金が嫌う事務所の片鱗を見ることができました。警察とのパイプも他の事務所にはない強みで、安心して任せられると感じました。

以下は代表司法書士である小宮山博之先生からのメッセージです。

『闇金には元金すら返金不要です!』代表司法書士:小宮山博之

闇金からの借金は返済しなくてもいいんです。こう言うと、ほとんどの方が驚かれます。

そもそもヤミ金業者との金銭消費貸借契約は出資法第5条に違反した犯罪行為であり、民法第90条の公序良俗違反にも抵触した行為です。もっと言うなら、闇金業者の貸し付け行為は、不法原因(民法708条)にも該当します。こうしたことから、闇金に対しては利息を支払う義務も元金を返済する義務もないのです。

ところが、闇金は「人から物を借りたら返さなくてはならない」という私たちが幼い頃から教え込まれてきた倫理観を巧みに攻めてきて、返済を迫ります。

また、お金を借りる際に、家族や親兄弟、勤務先、友人などさまざまな個人情報を渡しているため、「万が一、逃げたら大切な人に迷惑がかかりますよ」と念を押し、心理的に弱みを突いて逃げられないようにしています。

私どもジャパンネット法務事務所では、ヤミ金には利子はもとより元金すら返さない強い姿勢で対応し、まずは取り立てや嫌がらせをストップさせ、必要があると判断したら警察とのパイプを活かして告訴や被害届けを提出します。

私どもは、闇金業者が嫌う事務所として知られていますが、ありがたい称号だと思っています。

いちばん大切なことは、あなたの生活再建です。闇金と決別し、明日からの生活を変えたいと思うなら、一度ご相談ください。お待ちしています。

ジャパンネット法務事務所

関連記事

ヤミ金が恐れるジャパンネット法務事務所の口コミ

『選んだ決め手は警察とのパイプ』(東京都・34歳・塾講師) いま、私は闇金業者からのひどい取立てか

記事を読む

より安く、さらに相談しやすくなったジャパンネット法務事務所

警察との強いパイプを持ち、「一人でも多くのヤミ金被害者を救済することが使命です!」と語る

記事を読む

PAGE TOP ↑