*

より安く、さらに相談しやすくなったジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

警察との強いパイプを持ち、「一人でも多くのヤミ金被害者を救済することが使命です!」と語るジャパンネット法務事務所。
代表司法書士である小宮山博之氏をはじめスタッフ一人ひとりが持つ闇金への怒りは、まさに正義感と使命感のかたまりそのものです。
そんなジャパンネット法務事務所が、闇金被害者の救済に2014年9月から他の事務所にはない新しい料金体系を導入しました。

ざっくり言えば、これまで固定金額だった解決金制度を廃止して、相談者や依頼内容に合わせて着手金を29,000円~49,000円までと幅を持たせたのが特長です。
これにより、業務レベルでの金額が明確化され、リーズナブルな料金で解決ができるようになりました。

さらに、キャンセル料請求等案件の着手金を19,000円均一としたのも闇金被害者にはうれしいニュースです。
これは、通常のヤミ金被害とはちがって闇金業者に対してお金を借りたいと契約はしたものの、振込み口座を教えていないなどから、まだ実際の貸し借りが成立していない場合の解決に使われる着手金です。

実は、最近の闇金被害はこうしたケースが急速に増えていて、闇金の手段である“押し貸し”をすることができないことから、焦るヤミ金業者は「契約したんだから口座を教えろ!早く金を借りろ」と強引に催促し、さまざまな嫌がらせを仕掛けてきます。

ジャパンネット法務事務所は、こうした最近の闇金の動向に注目。まだお金の貸し借りが成立していない段階、つまり手遅れにならないうちに早期の解決を図るために、通常の料金よりも闇金被害者が相談・依頼しやすい料金を設けたというわけです。

詳しくは全国対応!ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所へアクセスするか、一日でも早い解決を望む場合は、フリーダイヤル 0120-600-287へ連絡してください。

関連記事

ジャパンネット法務事務所からのメッセージ

今回取材したのは闇金案件5000件以上の実績を持つジャパンネット法務事務所です。出だしから「闇金には

記事を読む

ヤミ金が恐れるジャパンネット法務事務所の口コミ

『選んだ決め手は警察とのパイプ』(東京都・34歳・塾講師) いま、私は闇金業者からのひどい取立てか

記事を読む

PAGE TOP ↑