*

飛ばし携帯を手に入れるダミーヤミ金とは

ダミーヤミ金」という言葉を聞いたことがありますか?

ヤミ金にとって不可欠にして重要なツールとして使われているのが、第三者が契約して売却することで使用者の身元究明がほぼ不可能な携帯電話。通称、飛ばし携帯と呼ばれる電話です

以前は、道具屋といわれる裏の業者が金銭的に苦しい多重債務者や判断力と知識のない若者層、失職者や生活困窮者を探してきては帯電話を契約させ、それを買い上げていました。
ところが、この人探しが意外に手間がかかるもので、飛ばし携帯は品薄になっているといわれた頃がありました。

こうした状況に目をつけたのがダミーヤミ金と呼ばれるヤミ金業者です。
ダミーヤミ金は、貧困者や多重債務者など、返済するお金はないけどお金を借りたいと思っている切実な人を対象として上限5万円でお金を貸し付けます。

当然、借り手に返済能力がないのは分っていますから、返済金の代わりに1回線契約につき5千円の報酬を与えて飛ばし用携帯電話の契約をさせるわけです。

借り手が10回線契約すれば5万円となり、元金分は返したことになりますが、実は飛ばし携帯のSIMカード1枚の末端価格は約5万円。つまり、末端売却額は10回線で50万円になるわけで、借り手にしてみれば5万円借りて10倍の50万円を返済させられた計算になります。

飛ばし携帯が振り込め詐欺や闇金に使用されたら、飛ばし用携帯電話の契約をさせられた名義人役は、犯罪に加担した容疑で警察の取り調べを受けることになります。

しかし、ダミー闇金業者との接点も飛ばし携帯なので、それ以上警察が追いかけるのは困難なのが現実です。
しかも、名義人役の人たちは自分が使っている携帯電話の回線を含めて、しばらく携帯電話を契約できない「携帯ブラック」の状態になってしまいます。

貧困であるがゆえにヤミ金に利用され、好むと好まざるとにかかわらず、犯罪に加担する人たち。
彼らが本当に再起するには、独力では不可能です。やはり、ヤミ金に強く、債務整理にも長けた弁護士や司法書士を頼るのが最適です。

ヤミ金に強く、ヤミ金被害者の再起を支援する支援弁護士・司法書士はこちら

関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑