*

しつこい電話と身に覚えのない出前

闇金業者からお金を借り、返せないとすぐにさまざまな嫌がらせが始まります。本人はもちろん自宅や会社、親戚などへの執拗な電話。
直接関係のない人にも「◎◎に金を貸したんだが返さないんだよぉ。どうしてくれるんだよぉ」と大声を張り上げます。無視して電話を切っても、すぐにまた電話が鳴ります。

もしあなたが「私には関係はない」と言っても聞く耳を持ちませんし、「警察に届ける」と言おうものなら、今度はあなたも嫌がらせの対象に加わります。

こういう場合は、すぐに警察の生活安全課へ相談してください。その際には「身の危険を感じた」とはっきり告げることが大切です。
電話番号を控えておいて、警察から電話してもらうようにしましょう。

また、特定の電話番号を着信拒否することができますので電話会社に相談するのも手です。
ただし、ヤミ金は複数の電話を持っていますから別の番号でかかってきます。最初はイタチごっこになりますが、根くらべです。
あきらめずに着信拒否を設定してください。

他にも、注文をしていないのに寿司やピザ、ラーメンなどの出前が届いたとか、電話してもいないのに消防車や救急車がやって来た。
などのケースもあります。
この場合には、躊躇せずに警察へ被害届けを出すことが必要です。

闇金業者と渡り合うには、それなりの覚悟が必要ですが、闇金対応をきちんとしてくれる司法書士や弁護士は頼りになる存在です。
もしあなたが、ヤミ金の被害に遭っているのなら、すべてを包み隠さず法律の専門家へ相談すべきです。

場合によっては警察の力を借りる方がいいケースもありますが、この場合でも法務事務所から話してもらうことで、警察の動きも変わることが期待できます。

ヤミ金に手を出してしまった軽率さは反省すべきです。でも、一人で悩んでいても何も解決しません。まずは、親身になってヤミ金被害に応対してくれる法務事務所へ相談してください。

ヤミ金専門の法務事務所はこちら

関連記事

ヤミ金の嫌がらせを止める司法書士とは

町の法律家として親しまれ、弁護士さんよりも身近な存在として生活に密着した法律問題の解決に尽力してくれ

記事を読む

ヤミ金の嫌がらせに強い弁護士とは

社会常識が通用せず、時には弁護士にさえ恫喝的な態度を取るヤミ金業者。そんなヤミ金の嫌がらせはしつこく

記事を読む

関係のない人にまで電話をかけてくる

ヤミ金業者の嫌がらせの代表的なものが、電話を頻繁にかけてくることです。借りた本人にかけるのはもちろん

記事を読む

闇金のしつこい電話に負けてはいけない理由

ヤミ金業者は、少しでも返済が滞ったり、電話を無視したりすると、それはそれはしつこい電話やあく

記事を読む

PAGE TOP ↑