*

ヤミ金の取立てを即止める方法とは

ヤミ金にお金を借りた人は、なぜヤミ金を恐れるのでしょうか?
それは、ヤミ金が借り手のプライバシー情報を握っていることで、もしもお金を返さなかったり、弁護士や司法書士、警察などへ駆け込めば、後でどんなことになってしまうかを、暗に威嚇するかのような言葉を使って「ヤミ金に逆らうと怖い」というイメージを持たせるようにしているからです。

つまり、借り手の恐怖心を煽ることで、弁護士や司法書士、警察へ行かないように縛りをかけているというわけです。

さて、一見こわもてに見えるヤミ金ですが、彼らにも致命的な弱点があります。それが、銀行口座の凍結や逮捕です。そして、この弱点を突くことができれば、ヤミ金のあくどい取立てをすぐに止めることができます。

では、闇金の弱点を突くにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。今すぐにでもヤミ金の取立てや嫌がらせなどのヤミ金被害を解決してきた弁護士や司法書士へ相談・依頼することです。

ヤミ金の取立てに悩む人の多くは、闇金に手を出したという負い目があり、弁護士や司法書士に相談することに抵抗を感じる人がいます。しかし、ヤミ金のひどい取立てをすぐに止めるには、これがいちばん近道です。

「弁護士や司法書士へ相談する時間があったら、警察へ泣きつく方が早いよ」と言うヤミ金被害者がいます。たしかに、以前と比べると警察はヤミ金を積極的に摘発・逮捕するようになっていますが、警察には、今なお借金問題は当事者間で解決すべきという不文律があり、民事不介入の原則が残っているのも現実です。

こうした警察を動かし、積極的にヤミ金の摘発・逮捕へと働きかける力を持っているのが、警察へ強いパイプを持つ弁護士や司法書士です。

警察としても、司法の専門家からヤミ金対策の要請を受ければ、真剣に動かざるをえません。

もしあなたが、ヤミ金の取立てに苦しんでいるのなら、警察とも強いパイプを持ち、ヤミ金被害の救済に詳しい弁護士や司法書士へ相談することを本当におすすめします。

警察とのパイプでヤミ金の取立てを止める弁護士・司法書士はこちら

関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑