*

ヤミ金によるキャンセル請求被害が急増

いま、ヤミ金被害で急増しているのが『キャンセル請求被害』だそうです。

ヤミ金の利用者は銀行や消費者金融、クレジット会社がお金を貸さない金融トラブル者や多重債務者をはじめ、専業主婦、年金生活者などが中心ですが、1週間に3割とか10日で5割とかの高金利に、一度は「お金を貸してください」と申し入れしたものの、考え直して「融資はやっぱり遠慮します」とキャンセルを入れるケースが少なくありません。

 

ふつうの融資契約であれば、よくある話で何事もなく終わるのですが、相手がヤミ金の場合には「最初に金を貸してくれと言ってきたのはそちらですよ。契約は成立しているんで、早く振込み用の口座を教えるように」と何度も執拗に電話してきたり、さまざまな嫌がらせを仕掛けてきます。
ヤミ金としては、なんとしてでもお金を貸し付けて、暴利を得たいわけですね。

 

また、ヤミ金によっては「キャンセル料を払え」と因縁を付けてくることもあるということで、ヤミ金被害を専門に扱う弁護士や司法書士では、その対策に取り組んでいます。

 

ヤミ金被害問題に詳しい、ある司法書士さんは「ヤミ金に常識は通用しません。こちらもヤミ金を相手にするときは常識を捨てて対決しますから、キャンセル請求だろうが何だろうが、早いうちに相談してほしいですね」と言っています。

とにかく、少しでもヤミ金と関係することがあったら、すぐにヤミ金に詳しい弁護士や司法書士へ相談してください。


>>全国対応で相談無料!ヤミ金キャンセル請求にも対応する弁護士・司法書士はこちら<<

関連記事

弁護士からも見放され

もともとはパチンコやスロットなどのギャンブルに入れ込み、複数のクレジット会社や消費者金融からお金を借

記事を読む

八尾市ヤミ金の心中事件

ヤミ金による恫喝的な取り立て、追い込みが生んだ悲惨な事件として知られるのが、2003年6月に大阪府八

記事を読む

ヤミ金・五菱会事件

闇金のあくどさやひどさを語る上で忘れてはならないのが、平成のヤミ金事件として知られた『五菱会事件』で

記事を読む

PAGE TOP ↑