*

ヤミ金が嫌がる司法書士や弁護士とは

闇金業者にとって司法書士や弁護士はとっても厄介な存在なんですが、司法書士や弁護士なら誰でも怖いとはなりません

以前は、ヤミ金の店長を張っていましたから、司法書士や弁護士から電話が入っても、まずはドスの効いた声で応対していました。

そこで、相手の声が裏返ることでもあれば、「勝ったぁ~」と腹の中でVサインを出していました。
「司法書士さんか弁護士さんか知らないけどよぉ、金を借りて返さない奴に文句言って悪いんか?」といつも以上に声を落として攻めたてたもんです。

依頼者の身になって、ヤミ金被害を絶対に解決してやりたいという使命感も正義感もない相手ほど「いや、気持ちは分かりますが、不法行為なので止めてもらえれば…」としどろもどろにになります。

こうなると、こちら優位に交渉は進みます。

ヤミ金としても、法律の専門家ともめてはいいこともありませんから妥協できるところで手を打ちますが、元金を返してもらっていない場合は元金を回収してから。一度も利息をもらっていない場合には、最低でも1度の利息分を払ってもらってから手を引きました。

ところが、ある司法書士や弁護士は、ヤミ金対応専門ということで、度胸や経験も豊富です。
残念ながら、この人たちには恫喝的なもの言いは効きません。
逆に、下手をすれば警察沙汰になってしまいます。

ヤミ金に強い司法書士や弁護士は「私が代理人となったから、不服があれば訴訟を起こしてください。即刻、取り立て電話は辞めるように」の通達で終わりです。

こちらも意地がありますから、言葉を返しますが、「法的にどちらが正しいか決着つけますか!」と突っぱねられてしまいます。

こんな司法書士や弁護士さんが出てきたら、こちらもケガをしたくありません。悔しいですが、捨てゼリフを残しながら手を引きます。

とにかく依頼者を増やし、お金を集めることが目的の司法書士や弁護士は、全然怖くありませんが、正義感や使命感を持って腹の据わっているヤミ金に強い弁護士や司法書士は、相手にしたくないのが本音でした。

ヤミ金にもいろいろなタイプがあるように、司法書士や弁護士もいろいろです。
「××法務事務所が出てきたら、面倒になる…」とヤミ金業者が嫌っているところもいくつかありました。

法律の専門家が腹をくくって来られたら、こちらは手を引くしかないのが現実です。

そんなことも、私が闇金店長から足を洗った理由のひとつです。

ヤミ金対応に強い法務事務所はこちら

関連記事

ヤミ金がいちばん困る口座凍結

かつてヤミ金の店長だった私がいちばん困ったのが、“口座の凍結”です。 私の店では携帯を使った『

記事を読む

そして彼はヤミ金を抜けた

もう3年前以上になりますが、ある闇金業者の隆明君(仮名)が実際に体験した話だそうです。 別名、

記事を読む

闇金でも金を貸さなかった人

ヤミ金店長やってた頃は、本当にいろんな客を知りました。 パチンコにハマって闇金に手を出

記事を読む

頭に来たから嫌がらせしてやった

闇金の店長から足を洗った今では、あの行為はやり過ぎだったなと反省しているんですけど、当時はヤミ金の店

記事を読む

ヤミ金債務者は信用できない

ヤミ金はたしかに非合法で違法行為をしています。 その昔、ヤミ金店長だったことを正当化しようとは

記事を読む

まるで借金依存症の客がいた

パチンコ依存症、買い物依存症、アルコール依存症など、さまざまな依存症があり、深刻な社会問題にもなって

記事を読む

PAGE TOP ↑