*

専業主婦はお金を借りられない?!

たとえば、この頃タレントを使ったCMが活発な消費者金融会社のアコムですが、給与所得者や個人事業主がお金を借りようとすると給与明細とか確定申告書の提出を求められます。

ただし、これは利用限度額が50万円を超えるか、他の貸金業者との借入総額が100万円を超える場合に限ります。つまり、他社の消費者金融から借入れがない場合や50万円未満の融資金額であれば収入証明は不要となるので、違法なヤミ金業者からお金を借りなくても済むわけです。

ところで、主婦の方の場合ですが、パートやアルバイト、正社員など一定の収入があれば審査の上でお金を借りることができます。
しかし、専業主婦の場合、新たな借入れは配偶者の同意が必要になったことから、アコムではトラブルを避ける意味もあって配偶者の同意に基づく融資には対応していません。

つまり、専業主婦(夫)に対しては、お金を貸さないと言っていることになり、ここにヤミ金がつけ入る隙があるわけです。

収入証明がなく、配偶者の同意が得られない専業主婦(夫)は、急な出費や不測の支出の場合も正規にはお金を借りられないことになり、ヤミ金に手を出してしまう可能性が高まります。

ヤミ金は、こうした人を狙い、「収入証明不要」「配偶者の同意不要」「簡単審査で即日融資」「ブラックでもOK!」などと甘い言葉を並べ立て、お金を借りるように誘導します。

その結果、借りた際には2~3万円のわずかなお金だったはずなのに、気がつけばとても返せないような元金以上の利息を取り立てられ、家庭崩壊を招いたり、夫には内緒で風俗で働かざるをえなくなった、行方不明になったなどさまざまな悲惨な出来事が起きています。

ヤミ金は違法な暴利ですが、かつてはサラ金と呼ばれた消費者金融の利息も決して低くはありません。お金を借りないことがベストですが、どうしても必要になることがあります。その場合には、ご夫婦や家族でよく話し合い、無理のない範囲で返済できる融資を受けることが大切です。

まちがってもヤミ金には手を出さないようにしてください。

主婦のヤミ金被害を救う弁護士・司法書士はこちら

関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑