*

ヤミ金に強い司法書士の条件とは

5_s

 

ヤミ金に手を出した人ならご存知だと思いますが、ヤミ金が怖いのはいくつか理由があります。
①借りた本人だけでなく、家族や会社、友人、知人にまで脅しや嫌がらせを繰り返す
②警察へ駆け込んでもうまく解決できずに、ヤミ金が仕返しをしてくることがある
③なかなか完済させようとせず、何度も利息を搾り取ろうとする
④口座やスマホを返済金の代わりに売れ!と強要する
⑤返済できないのなら金の出し子になれ!とヤミ金の仲間になるよう誘う

…この他にも、頼んでもいない出前が届いたり、昼夜に関係なくかけてくる督促電話などなど、裏金融とも呼ばれるヤミ金からお金を借りたばっかりに、職場からの解雇、一家離散、果ては自殺まで想像を絶する悲劇に見舞われたヤミ金被害は少なくありません。

ある人は「警察へ駆け込めばいいじゃないか!」と言います。以前と比べ、積極的に闇金を摘発・逮捕し始めた警察への相談もひとつの手段です。しかし、警察には『民事不介入の原則』があり、借金は当事者同士の民事問題という認識が残っているのも現実です。

担当した警察官が『民事不介入の原則』にとらわれている人ならば、残念ながらヤミ金被害を解決することは困難です。

また、弁護士ならヤミ金から自分や家族を守ってくれるはず!と相談したヤミ金被害者の中には、結果としてヤミ金対応のノウハウや経験がない弁護士では、完全解決を果たすことができなかったという経験を持っています。

では、どうすれば完全にヤミ金と手を切ることができるのでしょうか?
それはヤミ金対応に関して豊富な経験値と知識を持ち、最後まで強気の姿勢を堅持できる、ヤミ金に強い司法書士へ相談・依頼することです。

しかも、弁護士へ頼むよりもヤミ金解決費用が安く、警察にも独自のルートや提携関係を持っている司法書士事務所なら、ヤミ金と完全に手を切ることができます。

ヤミ金問題の解決金の金額をできるだけ低く抑え、ヤミ金被害者の身になって応対してくれる司法書士を選ぶようにしてください。


>>ヤミ金に強い司法書士はこちらから<<

関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑