*

怖がるばかりでは、闇金に操られ身の破滅を招くばかり


先日、なに気に闇金に関するニュースを見ていたところ、消費者金融の審査が通らなくなり、どうしてもお金が必要になったAさんという人が、初めて闇金からお金を借り、余りに利息が高いことと、このままヤミ金と付き合うことに怖くなり、どうすればいいのかと悩んでいました。

ヤミ金から借りた金額は15,000円。実際には2割の3,000円を手数料として引かれ、Aさんの口座には12,000円が振り込まれたということですが、返済は一週間後に35,000円ということでした。

15,000円を借りて、一週間後に35,000円の返済なんて、こんな常軌を逸したことはありません。ヤミ金は違法な存在で、暴利を貪る犯罪者ですが、ここまであくどいことをして、人として道を外れた外道と呼んでもいいと思いました。

Aさんは、「とにかく一週間後に35,000円を返済してヤミ金とは完全に縁を切りたい」と言っていましたが、闇金にとってみれば、Aさんはおいしいターゲットです。おそらく「事務手数料が上がった」とか「返済日の前日に連絡がなかった」とか何かと理由をこじつけて完済させないように仕掛けてくるはずです。

そして、利息だけを払わせ続け、Aさんを破滅に追い込んで最後は口座を取り上げたり、出し子として闇金の仲間に引きずり込むことでしょう。

闇金が怖いからと言いなりになるばかりでは、仕事を失くしたり、離婚や一家離散、最悪の場合には自死にまで追い込まれる場合があります。
とにかく一刻も早い段階で闇金に強い弁護士へ相談し、完全にヤミ金と手を切ることが大切です。

ヤミ金は、客となった相手を怖がらせ、完全にコントロールできるように支配しようとします。警察が親身になって相談に乗ってくれればいいのですが、いくつもの事件を抱え、民事不介入の縛りがある警察は、ヤミ金の被害防止にはなかなか動いてくれず、事件が起きてから重い腰をあげるのが現実です。

闇金による被害やトラブル、嫌がらせなどによって、必要以上にヤミ金を恐れることは、結果として身の破滅を呼ぶことになります。自分の人生を守るためにも、ヤミ金に強い弁護士や司法書士に助けを求めましょう。
警視庁

関連記事

ヤミ金解決!警察にパイプを持つ弁護士・司法書士

「弁護士や司法書士へ相談する時間があったら、警察へ泣きつく方が早いよ」と言うヤミ金被害者がいます。

記事を読む

イストワール法律事務所は、なぜ闇金に強いのでしょうか?

「多田先生のおかげで闇金から救われました!」。「ヤミ金ときっぱり縁が切れました」。こんな声が多く寄せ

記事を読む

ヤミ金の弱点とは

ヤミ金は、多重債務や自己破産、個人再生、任意整理などの金融事故を起こした、いわゆるブラックリスト

記事を読む

闇金に強い弁護士の条件とは

ヤミ金にお金を借り、嫌がらせや取立て、仕返しなどに苦しめられているのなら、どこでもいいから弁護士事務

記事を読む

闇金被害に強い弁護士・司法書士たち

過払い金や任意整理、特別調停、自己破産などの債務整理を扱う弁護士事務所や司法書士事務所は多々あります

記事を読む

ヤミ金が黙って引き下がる闇金に強い弁護士や司法書士

ヤミ金に手を出してしまい、追い込みや嫌がらせ、仕返しなどの被害に遭ったら、弁護士や司法書士事務所へ電

記事を読む

PAGE TOP ↑