*

ヤミ金の弱点とは


ヤミ金は、多重債務や自己破産、個人再生、任意整理などの金融事故を起こした、いわゆるブラックリストに載っている人を中心に、公務員や年金受給者、パート主婦、フリーターなど定期的に収入のある人を狙って暴利でお金を貸し付けます。

とくにブラックリストの人は、一定の期間が過ぎるまでローンはもちろん銀行や消費者金融、クレジット、カードローン、キャッシングなどは利用できないため、「無審査融資」「即日貸し付け」「親切融資」「低利の融資」「安心のカーリースローン」などと聞くと、後先を考えずにお金を借りてしまいます。

その結果、十日で3割のトサンや5割のトゴ、週に3割のシュウサン、5割のシュウゴなどの暴利と言っていいほどの高利に追われ、やがて返済が延滞するようになり、酷い取立てや嫌がらせに悩むようになっていきます。こうなると、ほとんどが言われるがままにコントロールされて行きます。

こうした奴隷状態から抜け出し、酷い取立てや嫌がらせ、報復を一日も早く終わらせてきっぱりと縁を切るためには、やはり闇金に強い弁護士や司法書士に依頼するのが確実で安全です。
弁護士費用に不安があるなら、法テラスを利用できますし、解決費用の分割や後払いも含めて弁護士さんへ相談してください。

一度、お金を貸し付けたら借り手が潰れるまで難癖をつけてきますが、無法な連中にも弱点や急所があります。
そのひとつが「銀行口座の凍結」です。
借り手の口座へ振り込むための振込み用の銀行口座、借り手からお金を振り込ませるための返済用口座。最低でも2つの口座が必要であり、凍結されると金銭の振込み、受け取りができなくなることから、弱点になっています。
使われるのは他人名義の銀行口座で、裏のマーケットでは、ひと口座10万円前後で売買されていると言われています。

銀行口座は、弁護士や認定司法書士、弁護士会、金融庁、警察、消費生活センターなどからの申し立てがあれば凍結することができますから、弁護士さんや認定司法書士さんに銀行口座の凍結について相談してもいいかもしれません。

関連記事

イストワール法律事務所は、なぜ闇金に強いのでしょうか?

「多田先生のおかげで闇金から救われました!」。「ヤミ金ときっぱり縁が切れました」。こんな声が多く寄せ

記事を読む

闇金被害に強い弁護士・司法書士たち

債務整理や自己破産を扱う法律事務所は多々ありますが、ヤミ金に強い弁護士や司法書士は限られているのが現

記事を読む

怖がるばかりでは、闇金に操られ身の破滅を招くばかり

先日、なに気に闇金に関するニュースを見ていたところ、消費者金融の審査が通らなくなり、どうしてもお

記事を読む

ヤミ金解決!警察にパイプを持つ弁護士・司法書士

「弁護士や司法書士へ相談する時間があったら、警察へ泣きつく方が早いよ」と言うヤミ金被害者がいます。

記事を読む

闇金に強い弁護士の条件とは

ヤミ金にお金を借り、嫌がらせや取立て、仕返しなどに苦しめられているのなら、どこでもいいから弁護士事務

記事を読む

ヤミ金が黙って引き下がる闇金に強い弁護士や司法書士

ヤミ金に手を出してしまい、追い込みや嫌がらせ、仕返しなどの被害に遭ったら、弁護士や司法書士事務所へ電

記事を読む

PAGE TOP ↑