*

半グレ化する090金融

5

2010年11月、十一代目市川海老蔵が元暴走族の男性に暴行された事件で半グレと言われる暴力集団「関東連合」の存在が世間に広く知られるようになりましたが、090金融にこうした半グレ集団の一部が進出していると言われています。

その手口は非常に悪質で、「借りる」とも言っていないのに、勝手にお金を振り込んできて返済を強要する押し貸し。ヤミ金業者に出回っている過去の債務者リストを使って電話をかけ、「昔の残金があるのですぐ払え」と強要する手。全然関係のない人に「近所の債務者が金を払わないからお前が払え」ど言いがかりをつける手口などの常識では考えられない手口で、誰かれ関係なくお金を取り立てます。
そんな半グレの090金融は、もはや闇金ではなく、恐喝集団『090恐喝』と呼ばれています。

『090恐喝』は、これまで闇金に一度も手を出したことのない人や何の関係もなくふつうの生活を送っている人にでも、何かと言いがかりをつけて巻き込み、お金を奪い取ろうとします。
もしあなたが、身に覚えがないのに090恐喝から「金を払え」などと強要されたり脅されたら、すぐに闇金専門の司法書士や弁護士に相談し、警察へ被害届けを出すようにしてください。

「怖くて係わり合いになりたくないから、1回だけ金を払って縁を切ろう」などと思って振り込んでしまうのは自殺行為です。以後は「手数料」だとか「迷惑料」、「事務処理費」などの次々と名目をこじつけて要求し、断ると嫌がらせや恐喝をエスカレートさせます。

また、彼らは自分たちの手を汚さずに、他の被害者を脅して取立てや嫌がらせの実行犯に仕立てるといった狡猾さも持っています。

これは090金融でも同じですが、取立てや連絡に使っている携帯電話、そして返済金を振り込ませる銀行口座は、ほとんどが別の被害者から取り上げたものなんです。

自民党は、闇金問題にも取り組むとして委員会を立ち上げましたが、ようやく重い腰を上げ始めた段階です。
090金融や090闇金、090恐喝の被害に遭ったら、一日も早くヤミ金問題に強い法務事務所や法律事務所、さらには警察へ相談するようにしましょう。

>>090金融に強い法務事務所はこちら<<

関連記事

暴利をむさぼる闇金融

闇金融は、「ヤミ金融」「ヤミ金」「闇金」とも書き、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録をしてい

記事を読む

PAGE TOP ↑