*

LINEヤミ金が横行

闇金の手口はますます巧妙化、悪質化が進み、偽装質屋や家具リース金融・車リース金融などもこれに当てはまります。また、新手の手口としてこれまでの090金融に加えて、ここ最近は「LINE」を使った手口が横行しています。

LINE金融の詳しい実態は明らかになっていませんが、融資の申し込みや金額、支払日などの連絡はもちろん、振込の確認や返済のため口座の指定、借り手の勤務先やさまざまな個人情報などもすべてLINEを使って行います。

入金の確認は振込明細の画像をそのままLINEに載せて行われます。

貸し手でも借り手の客も、貸し借りの際にはお互いにいっさい会話をすることはありません

そのため、借り手側にとってみれば恐怖感を感じることなくお金を借りることができることから、急速な広がりを見せているそうです。

当然ですが、ヤミ金は「信用調査」あるいは「信用担保」として借り手の氏名や住所、勤務先、家族構成、電話番号などこと細かな個人情報をLINEを通じて手に入れているわけです。

万が一に返済が遅れた場合には、LINEを通じて脅迫的なメッセージを何度も何度も昼夜に関係なく送りつけますが、それでもお金を払わない場合には借り手の勤務先や家族、関係者などに電話をかけてきて、悪どい嫌がらせを執拗に繰り返します。

なお、電話での恫喝的な催促や嫌がらせをする際には、番号非表示でかけて来るため番号が特定できず、LINEのメッセージからでは闇金の連絡先が特定できにくいということで、今後の広がりが懸念されています。

090やLINEなど、次々と新しい手口を出してきますが、結局は指定する口座へお金を振り込ませることが目的となっています。闇金に強い弁護士であれば、口座凍結を含めてさまざまな闇金対策を講じることが可能です。

「ヤミ金と直接話をしなくても借りられるから」と軽い気持ちでLINE闇金を利用する人がいますが、一度でもひっかかるとお金をむしり取られるばかりか、職場や家族を失ってしまうリスクも生じます。
いっさいかかわらないことが大切ですが、もしもの場合には闇金に強い弁護士へすぐに相談するようにしましょう。

関連記事

闇金の出し子は、もともとヤミ金被害者

闇金の出し子とは、振り込まれたお金を一旦銀行口座から引き出して別の口座へ移したり、現金を持ち

記事を読む

銀行口座を売ったら犯罪者!?

闇金はいつでも新しい銀行口座を求めています。 そのため、返済ができなくなったり、ジャンプしがち

記事を読む

ブラックOK!はヤミ金の罠

ヤミ金が借り手を集める手段のひとつとして「ブラックOK!」「他社で断られた人でも貸します」などと甘い

記事を読む

ヤミ金SOS 押し貸し対策編

ヤミ金を取り巻く環境は厳しくなっていますが、それをあざ笑うかのように狡知であくどい手口を次々と編み出

記事を読む

ヤミ金が預金口座を取り上げる

ヤミ金業者のあこぎな行為のひとつに、口座の取り上げがあります。 これは、お金を返せなくなった人

記事を読む

ヤミ金SOS キャンセル料請求編

ヤミ金被害で急増しているのが『キャンセル料請求』です。 これは、ヤミ金業者と融資の契約をしたも

記事を読む

裁判所や法律事務所の名前を使うヤミ金

悪知恵を駆使し、次から次へと新たな手口を考え出す狡猾なヤミ金。 いま、ヤミ金と詐欺師のボーダレス化

記事を読む

闇金の新しい姿「金貨金融」に要注意

先日、「ハンゲキ」というテレビ番組の中で、金貨金融という闇金の新たな手口が紹介され、実際に弁護士がヤ

記事を読む

ヤミ金の手口「石川県警HP」より

先日、石川県警のホームページを見る機会がありました。 そこには「ヤミ金からは借りちゃダメ!」と

記事を読む

主婦を狙うヤミ金の魔手

いま、ヤミ金に手を出す主婦が増えています。生活費の足しや家賃の不足分を補うため、子どもの教育費が足り

記事を読む

PAGE TOP ↑