*

ヤミ金が狙う生活保護受給者

ヤミ金は、多重債務者や年金生活者、専業主婦などを主な対象にお金を貸し付けていますが、生活保護受給者の多くにも手を伸ばしていることが分かりました。

これらの人は経済的な面で返済リスクが大きいため、銀行や消費者金融など一般の金融会社では融資審査が通ることはありません。

では、なぜヤミ金は経済的に困っている生活保護受給者を狙うのでしょうか?
生活保護を受給している人は、受給者カードを持っています。ヤミ金業者は、その生活保護受給者カードを担保として強制的に取り上げ、お金を貸すわけです。

受給者カードは受給者にとっては命綱そのものですから、それをヤミ金が押さえている間は逃げることはできません。
さらに、生活保護費は毎月国から支給されるため、闇金にとっては取り逃がすことのない上客になるわけです。

しかし、いくら毎月の生活保護受給費があるからといっても、借りている期間が長くなればなるほど支払う利息が膨れ上がり、最後にはジャンプさえも出来なくなってしまいます。

そこでヤミ金は、お金を貸している生活保護受給者に対して、ヤミ金の受け子や回収担当、あるいは口座バイヤーなどヤミ金の片棒を担ぐように求めてきます。

こうすることで、万が一警察の手が伸びたとしても、実際に捕まるのは生活保護受給者であって、後ろで糸を引いているヤミ金はうまく生き延びるような図式を描いています。

弱い者をさらに追い込むヤミ金は、絶対に許される存在ではありません。

こうしたケースこそ、闇金に強い法律・法務事務所の出番だと思います。

 

 

 

関連記事

LINEヤミ金が横行

闇金の手口はますます巧妙化、悪質化が進み、偽装質屋や家具リース金融・車リース金融などもこれに

記事を読む

ヤミ金SOS キャンセル料請求編

ヤミ金被害で急増しているのが『キャンセル料請求』です。 これは、ヤミ金業者と融資の契約をしたも

記事を読む

パチンコの陰にヤミ金あり

現在、パチンコ人口は減少し続け、近所のホールも以前のような賑わいが見られなくなっているようで

記事を読む

闇金の新しい姿「金貨金融」に要注意

先日、「ハンゲキ」というテレビ番組の中で、金貨金融という闇金の新たな手口が紹介され、実際に弁護士がヤ

記事を読む

ヤミ金SOS 押し貸し対策編

ヤミ金を取り巻く環境は厳しくなっていますが、それをあざ笑うかのように狡知であくどい手口を次々と編み出

記事を読む

闇金利用客名簿が売買されている

ヤミ金問題を弁護士や司法書士の力を借りて解決し、「もう2度と闇金には手を出さない」と平穏な生活を送っ

記事を読む

闇金の出し子は、もともとヤミ金被害者

闇金の出し子とは、振り込まれたお金を一旦銀行口座から引き出して別の口座へ移したり、現金を持ち

記事を読む

ブラックOK!はヤミ金の罠

ヤミ金が借り手を集める手段のひとつとして「ブラックOK!」「他社で断られた人でも貸します」などと甘い

記事を読む

「他社で断られた人でも融資します」には要注意

「他社で断れた人でも即日融資」とか「ブラックOK!低利で即融資します」など、お金を借りたい人にとって

記事を読む

ヤミ金が預金口座を取り上げる

ヤミ金業者のあこぎな行為のひとつに、口座の取り上げがあります。 これは、お金を返せなくなった人

記事を読む

PAGE TOP ↑