*

闇金のジャンプとは

信じられないかも知れませんが、闇金は債務者からの完済を嫌がります。

「そんなぁ!貸したお金を返してもらうわけだから、なんで嫌うわけ?」という声が聞こえてきそうですが、闇金は暴利で儲けている業者ですから、すぐに返済されると利益が少なくなるため、あの手この手を使って完済させないようにします。

簡単に言えば、1週間に30%の利子で3万円貸したとします。借り手は1週間後に9千円の利子をつけて3万9千円を返さなくてはなりません。ここで、3万9千円払えば完済となりますが、ヤミ金は「無理して完済するよりも、利息の9千円だけ払って1週間ほど時間の稼げるジャンプを利用しませんか?」と言葉巧みに誘導します。

借り手も一度に3万9千円払うのは金額的にも心理的にも負担になるため、利子の9千円だけなら負担も軽く済むと思い込んで、ついついジャンプしてしまいます。

ここがヤミ金の罠です。完済させてしまうと9千円の利益にしかなりませんが、ジャンプさせればさせるほど利益は膨らみ、しかも元金は1円も減らないことになるわけです。

こうしたジャンプを3~5回も繰り返せば、利子だけで月に約3~5万円も払わせるわけですから、普通なら破綻してしまいます。

そして元金はもちろん利子さえも払えなくなると、親兄弟や勤務先、あるいは配偶者の実家などにまで恐喝的な電話や、頼んでもいない寿司の出前、夜中にデリヘル嬢を呼ぶなどさまざまな嫌がらせを始めます。

ヤミ金は、借り手がつぶれるのは当たり前と思っていますが、問題は何度ジャンプをさせることができるかを考えています。

もしも闇金にお金を借りたなら、すぐに闇金専門の司法書士や弁護士に相談し、場合によっては警察へ被害届けを提出するようにしましょう。


>>闇金対応専門の司法書士はこちらです!<<

関連記事

闇金利用客名簿が売買されている

ヤミ金問題を弁護士や司法書士の力を借りて解決し、「もう2度と闇金には手を出さない」と平穏な生活を送っ

記事を読む

闇金の新しい姿「金貨金融」に要注意

先日、「ハンゲキ」というテレビ番組の中で、金貨金融という闇金の新たな手口が紹介され、実際に弁護士がヤ

記事を読む

銀行口座を売ったら犯罪者!?

闇金はいつでも新しい銀行口座を求めています。 そのため、返済ができなくなったり、ジャンプしがち

記事を読む

貴金属買取りを装いヤミ金営業

それにしても、ヤミ金は次から次へと新しい手口を考え出すものだと思います。そんな知恵があれば、正業に就

記事を読む

闇金の出し子は、もともとヤミ金被害者

闇金の出し子とは、振り込まれたお金を一旦銀行口座から引き出して別の口座へ移したり、現金を持ち

記事を読む

「他社で断られた人でも融資します」には要注意

「他社で断れた人でも即日融資」とか「ブラックOK!低利で即融資します」など、お金を借りたい人にとって

記事を読む

ヤミ金SOS 空貸し対策編

あれこれと狡猾な手を使い、巧みな話術と脅し文句を駆使して、お金を搾り取るヤミ金業者。最近は、ヤミ金が

記事を読む

ヤミ金SOS 押し貸し対策編

ヤミ金を取り巻く環境は厳しくなっていますが、それをあざ笑うかのように狡知であくどい手口を次々と編み出

記事を読む

ヤミ金が狙う生活保護受給者

ヤミ金は、多重債務者や年金生活者、専業主婦などを主な対象にお金を貸し付けていますが、生活保護受給者の

記事を読む

ヤミ金SOS キャンセル料請求編

ヤミ金被害で急増しているのが『キャンセル料請求』です。 これは、ヤミ金業者と融資の契約をしたも

記事を読む

PAGE TOP ↑