*

ヤミ金SOS 空貸し対策編

あれこれと狡猾な手を使い、巧みな話術と脅し文句を駆使して、お金を搾り取るヤミ金業者。最近は、ヤミ金が詐欺師と化しているケースが多く見られ、いっそう手口は巧妙化しています。

その代表的なやり口のひとつが、実際には融資をしていないのに貸したと言って返済を要求する『空貸し』です。
実態は架空請求ですから、ほとんどの人は無視しますが、過去に消費者金融やクレジット会社、ヤミ金などからお金を借りたことがある人の中には「もしかして完済できていなかったのかも…」と勘違いをして連絡を取ってしまう人がいます。

そして、連絡したが最後、詐欺師化したヤミ金は、脅し文句を並べ立て貴重な個人情報を聞き出し、「◎◎万円が未払いとなっている」と利子や元金の支払いを要求してきます。また、遅延損害金や延滞金、事務手数料などさまざまな名目をつけて法外な金額を請求します。

空貸しは、名簿屋が用意した「多重債務者」「自己破産者」「ヤミ金利用者」「ブラック」などの名簿を購入し、そのリストに向けてダイレクトメールや電子メール、電話などで架空の請求を行います。
ヤミ金にしてみれば連絡をしてきた人がいいカモになるわけで、脅しや嫌がらせをしてお金を巻き上げようとします。

こうした空貸しに対処するいちばんいい方法は、こちらか絶対に連絡を取らずに無視し続けることです。

また、電話がかかってきた場合には、「借金した覚えがない」とはっきりと拒否します。それでも「払え」と要求された際には、借用書のコピーなど債務の証拠の郵送を要求してみましょう。
(※貸金業法では、債権回収を委託された代行業者や譲渡債権者は請求の通知をする場合には、氏名などの詳細を明らかにしなければならないとされています)

ただ、注意したいのは発送元を裁判所に設定している場合です。裁判所から書類が届いた場合では裁判所に確認を取るべきですが、なかなか素人では判断できないので、弁護士や司法書士に相談するのがベストです。

ヤミ金被害に強い弁護士・司法書士の選び方

 

関連記事

「他社で断られた人でも融資します」には要注意

「他社で断れた人でも即日融資」とか「ブラックOK!低利で即融資します」など、お金を借りたい人にとって

記事を読む

貴金属買取りを装いヤミ金営業

それにしても、ヤミ金は次から次へと新しい手口を考え出すものだと思います。そんな知恵があれば、正業に就

記事を読む

ヤミ金が狙う生活保護受給者

ヤミ金は、多重債務者や年金生活者、専業主婦などを主な対象にお金を貸し付けていますが、生活保護受給者の

記事を読む

ブラックOK!はヤミ金の罠

ヤミ金が借り手を集める手段のひとつとして「ブラックOK!」「他社で断られた人でも貸します」などと甘い

記事を読む

ヤミ金が預金口座を取り上げる

ヤミ金業者のあこぎな行為のひとつに、口座の取り上げがあります。 これは、お金を返せなくなった人

記事を読む

闇金の新しい姿「金貨金融」に要注意

先日、「ハンゲキ」というテレビ番組の中で、金貨金融という闇金の新たな手口が紹介され、実際に弁護士がヤ

記事を読む

闇金利用客名簿が売買されている

ヤミ金問題を弁護士や司法書士の力を借りて解決し、「もう2度と闇金には手を出さない」と平穏な生活を送っ

記事を読む

闇金のジャンプとは

信じられないかも知れませんが、闇金は債務者からの完済を嫌がります。 「そんなぁ!貸したお金を返

記事を読む

ヤミ金SOS 押し貸し対策編

ヤミ金を取り巻く環境は厳しくなっていますが、それをあざ笑うかのように狡知であくどい手口を次々と編み出

記事を読む

銀行口座を売ったら犯罪者!?

闇金はいつでも新しい銀行口座を求めています。 そのため、返済ができなくなったり、ジャンプしがち

記事を読む

PAGE TOP ↑